ガジェット

【スマホ】楽天アンリミット、レビュー【楽天モバイル】

スマホと赤ちゃん

スマホデビューです、今いろんなところでCMが流れている楽天モバイルのアンリミットにしました。

2980円楽天エリアなら通話、ネット使い放題、しかも今なら一年無料。家でも外でも、データ量気にすることなく、ネットできます。

楽天エリアはここで見れます。濃いピンクのエリアです。

端末はoppo reno Aにしました。今回、楽天端末を使ってみてだいたいひと月ほど経ったので、感想を書いてみたいと思います。

あといろんな場所で転送スピードテストを行ったので、その結果もお伝えします。

(寝太郎さんによる写真ACからの写真)  

楽天アンリミットの特徴

楽天アンリミットスタートガイド

自分はいままで、ガラケーとタブレットで生きてました。

そろそろスマホにしなきゃなーっと思いつつだらだらと先延ばしにしてたのは、やっぱりスマホって月々の料金が高いし、あと料金がわかりにくい

よくあるのが、

最初の一年はこの価格です。(二年目以降は高くなります)
自宅の光回線も自社にしていだだいたら、この値段です。

とか。

あと安いプランはデータ量が少ない。

と、いまいち決め手に欠ける。

なので今回の楽天モバイルアンリミットはかなり衝撃でした。

アンリミットの料金

楽天エリア内ならデータ使い放題。通話アプリ(楽天link)を使えば、通話、SMSも使い放題(一部の番号は除く)

楽天エリア外のパートナーエリアでも月5ギガ、使い切った後でも、1Mbpsでネット可能

これで2980円

今現在はキャンペーンで一年無料(2020年5月28日現在)

世間的にはいまいち話題になってない気がしますが、この値段で使い放題はすごいと思うんですが。

ちょっと気になる点

ただ、楽天アンリミットを検討していたときに、気になった点はいくつかありました。

●楽天エリアがまだ少ない。
先ほどのエリアマップを見ると、やはりデータ無制限の楽天エリアが少ないです。

今後の増設に期待ですが、移動が多い人にとっては、あまりお得ではないかもしれません。

あとまともにデータ通信ができるのか?これはもうやってみないとわからないです。

●楽天モバイル対応端末が少ない。
格安SIMの携帯は、電波がauだったりドコモだったりするので、どの端末が使える、使えないがわかりやすいですが、今回の楽天アンリミットは自社で回線を用意するので、基本、楽天専用端末しか使えないです。

なので、今使っている端末を流用して、楽天モバイルのSIMに変えよう、というのが基本出来ないです。

自分の持っている端末が使えるかどうかは、SIMカードだけ買って、試してみないとわからない

自分はなんせガラケーだったので、新規に端末を買うことにしました。

楽天モバイルはOPPOが最適解ではないか?

oppo renoA

楽天モバイル専用端末、発表されている各機種を価格ドットコムで評価を調べましたが、防水、おサイフケータイ全部込みで手頃な値段なのはOPPO reno Aしか無い気がします。

もちろんデザリングもできるので、ノートPCとスマホ持てば、喫茶店で敏腕サラリーマン爆誕です。

わざわざ喫茶店に来てまで、PCで仕事をしないといけないのは、もしかしたら出来ないサラリーマンかもしれませんが。

OPPO reno A、悪いというレビューがほとんどないです。しいて挙げるなら、

本体のスピーカーが一個しかついてない。
OPPO独自のUI、colorOSがちょっと使いにくい。

スピーカーはモノラルですが、イヤホンを使えばステレオで聞けますし、モノラルスピーカーの音はかなり大きいです。

あとVOLTEのHD音質どうしの通話は非常にクリアです。スピーカーモードにしてもそのクリアさは十分実感できます。

colorOSは、たぶんiPhoneをまねた感じなのですが、特に使いにくいということは無かったです。

逆にサイドに隠れるクイックツールウィンドウとかよく使うアプリを登録しておけば便利です。

あとOPPOはありがたいことに保護フィルムとソフトケース、マイク付きイヤホンも同梱です。

 

楽天モバイルアンリミットを実際に使ってみて

ということでOPPO reno Aで楽天アンリミットにして、ひと月ほど経ちましたので、実際に使ってみた感想を書きます。

やっぱり、制限がないというのはいいですね。

楽天アンリミットでよかった点

生活が確実に変わりました。

ネットと通話が定額使い放題、こんなに楽なものはないです。

動画や音楽もギガ数を気にして、事前にダウンロードとか全くしなくていい。見たいとき、聴きたい時にクリックすればいい。アプリのダウンロードもWi-Fiのある所とか気にしなくていい。通信対戦ゲームも、もちろん自由にすればいいさ。

通信量を気にしない、いつでもどこでもネットにアクセスできる。(楽天エリア内だけど)

ネットの環境が空気くらい当たり前になり、ほとんど意識しなくなります。

これこそ、われわれが求めていた、真のスマホのあり方ではないでしょうか?(深夜に書いています)

使ってみて気になった点

●やっぱり新規参入なので、若干ネットが不安定なところがある。
使えないということはないけど、楽天エリア内でも、周囲に木がたくさんある公園などでは結構電波が悪くなる。

あと建物に入ったとき、一瞬電波が悪くなる。
←今後の基地局増設に期待

●楽天リンクアプリがちょっと使いにくい。
通話しながらネット検索すると、そのあと通話の画面に戻れなくなるときがある。(やり方があるのかもしれないけど、わからない)

画面に戻れないから電話切れない。みたいなことにたまになる。

既定の通話ソフトに設定できない、WEB上の電話番号を直接クリックして電話すると、有料の通常の通話アプリが立ち上がる。
←楽天linkアプリは頻繁にアップデートしているので、これまた今後に期待。

郊外に出たりせず、楽天エリア内で生活しているのなら、楽天モバイルは全く問題なく使えます。
1年無料なので、不満があれば解約もできるし、とにかく制限なくネットが使えるというこの恩恵を、ぜひ味わってみてもらいたいです。

 

通信速度測定

楽天モバイルのアプリには、通信スピードを測定する機能があります。

いろんな場所で測定してみたので、導入の参考になればと思います。

自宅

鉄筋コンクリート造のマンション、二階、住宅密集地。(自宅は光回線のWi-Fiがあるのであんまり関係ないですけど)

通信速度、自宅

 

駐車場、車内

自身が使っている車の車内、駐車場は住宅に囲まれています。
通信速度、駐車場

某ショッピングモール。

ワオンな感じのショッピングモール、吹き抜け三階建て、営業が再開され、そこそこ人がいました。
通信速度、モール

駅ロータリー

ショッピングモール付近の駅ロータリーで測定。開けた場所。人はまばら。
通信速度、ロータリー

総評

大手キャリアのスピード平均はこちら↓

やっぱり大手キャリアと比べると、スピードは劣ります

外出先で、ネット、YouTubeなどの動画視聴、Spotifyの音楽再生は問題なく行えましたが、建物など、電波が遮りやすい場所に入ると一瞬電波が悪くなる。といったことはありました。

仕事での利用など、絶対エリアが安定してないとまずい、という方は厳しいかもしれませんが、自分のような普段使いなら問題ないかなと思います。

今後、利用者数が増えれば、エリアも品質も改善されるのでは、というかされたらいいなと思います。

あと電車や地下鉄は、自分が電車や地下鉄を利用する生活ではないので、今回は調べてないです。

 

まとめ

OKガール
(FineGraphicsさんによる写真ACからの写真)

楽天アンリミット。

楽天エリア内ならすべて無制限、このアンリットな感覚をぜひ味わってもらいたいです。通信量とか通話時間とか、そういったものを気にしなくていい世界です。

よりネットが空気のように、意識しないようになります。

回線もエリアもまだまだですが、自分の生活圏で使っている分には何も不都合はなかったです。普通に使えます。一年はタダなので、いまいちだったら辞めることも可能です。

端末のラインナップがもっとあればいいかもしれません。もしiPhoneが使えたらすごいですね。

今現在のラインナップではOPPO reno Aが全部入りでおすすめです。

追記2020/05/29

今、楽天専用端末の楽天ミニ1円になってます。やばいですね。

小さいので、データ無制限のモバイルルーターとしても使えます。手数料、税込みで3301円で一年ネットし放題。

それだけ加入者がまずまずなのかもしれませんが、個人的には頑張って欲しいです。

-ガジェット

© 2021 Dnd:reboot Powered by AFFINGER5