ガジェット

イラスト描くためにSurface pro 7を買いました【レビュー】

surface Pro 7

先日行われたアマゾンのサイバーマンデーでSurface Pro 7のタイプカバー、Surfaceペンの同梱セットを買いました。

(注:現在はセール価格ではないです)

どこでも絵が描ける環境+ブログ執筆、あと時間があればblender(3DCG作成)もやりたい、というのを考慮した結果、ちょうどアマゾンでセールしていたのを見つけ、これだ!って感じでポチリました。

結果、かなり満足です。

surfaceペンの書き味も良く、描いていて気持ちいいです。タイプカバーのキータッチもなんか打ってて指ざわりがいい。自分がやる作業はほぼサクサクに動きます。

ググればレビューはいっぱい出てきますが、今回はSurface Pro 7の使用した感想を書いてみようと思います。

 

購入に至った経緯

以前から、外でしっかりと絵が描ける環境がほしいと思ってました。

今まで落書きはデジタルノートの「フリーノ」ブログは「Minibook」などを使っていました。

自宅のデスクトップでできることを、そのままストレスなく作業することが出来るPC(またはタブレット)はなんかいいもの無いかな、と価格ドットコムを眺める日々でした。iPad、筆圧ペン対応のノートPC、ペン対応のchromebook、一体どれがいいんだ、と悶々とする日々でした。

iPad airにするかで悩む。

最初に候補に挙がったのがipadでした。ちょうどipad airの新型が出たころで、アップルペンシル2の書き味はかなりいいとの話でした。

ですが、本体とアップルペンシルと、さらにブログ執筆のためにキーボードもって考えると、自分が欲しいスペック、SSD容量だと全部で14万円くらいすることがわかりました。

しっかりしたものを買うとは言いましたが、正直、けっこう高いな、という印象でした。

さらにお絵かきソフトのクリップスタジオペイントプロ(以下クリスタ)のiPad版は買い切りではなく、月額制のサブスクでした。(月額480円~)

買い切りのwin、mac版持ってる自分は(win、mac版は2台までインストールOK)やっぱりWindowsでペン対応のものがいいという結論に至りました。

でそんなもやもやした状態で見つけたのが、surface pro 7、キーボードタイプカバー、surfaceペン同梱セットでセール¥118,602、定価だと¥162,800。

なんとなく運命的なものを感じ、購入に至りました。

Surface pro7スペック

詳細なスペックはこちら↓

なかなかのスペックです。

自分が購入したのは、 Core™ i5-1035G4 プロセッサのメモリ8GB、SSDが128GBのものです。

office2019が付いてます。お得です。officeのシリアルナンバーの紙がありますが、このPC一台用です。複数台使えたりはできません。

持った感じかなり軽いです。

 

開封の儀

ということで開封してみたいと思います。

surface Pro 7本体箱です。

 

surface タイプカバーキーボードタイプカバー、キーも癖がなくいい感じ。

 

surfaceペンsurfaceペンです。

 

surface Pro 7タイプカバー装着!かっこいいですね。でも保護フィルムを貼らないと、かなり映り込みます。

 

Surface pro7良かった点

かなり満足なPCでした。一本満足です。

なんでも早い。

ベンチマークとかはググればいろんなところででてくると思いますが、だいたいサクサク動きます。ソフトの立ち上げ、ブラウザのタブ移動、そういった細かい動作がストレスなく動くというのは、本当に気持ちいいです。

ゲームはあんまりしないんですが、マインクラフトなんか酔うほど滑らかに動きます。

液晶がかなりきれい。

画面がすごくきれいです。12.3 インチで解像度: 2736 x 1824 (267 PPI)、なので最近のスマホ並みにキレイです。

あと縦横比: 3:2なので最近の横長スクリーンではなく、結構縦に幅があるので、クリスタやエクセルを表示させていても、作業エリアを広く持つことができます。

kindleで漫画とか表示させても、余白少な目で表示できます。

surfaceペンが秀逸

ペンは遅延なく線を引くことができます。またペン先が軽く沈むような感じで、独特な書き味です。ペンの性能が一番気になっていたのですが、想像以上に良かったです。

iPadみたいに、本体の横にマグネットでつけることもできます。

クリスタとsurfaceペンで描いた絵はこちら↓

surfaceペンで描いた絵

絵が下手なのはsurfaceのせいではないです。

キーボードの手触りがいい

キーボードの指ざわりがなんかすごくいいです。プラスチックの手触りじゃなくて、なんかコーティングされてます。

つるつるだけどしっとりしてます。キータッチもしっかりしてていい感じです。

顔認証便利

指紋認証より便利です。間接照明くらいの暗いところでも反応します。

認証中は目みたいなアイコンが人の顔を探してるので、PCがより人間ぽい気がします。あ、ご主人様だ!ロック解除!って感じです。かわいい。

 

Surface pro7いまいちな点

正直不満点ほぼ無いんですが、敢えて上がるなら以下2点です。

画面が結構反射する。

液晶はきれいですが、光沢のグレアなのでかなり反射します。液晶画面が暗くなると、いつもの冴えないおじさんの顔が映り込みます。これが、俺の顔……?

時たまlainのおとうさんみたいなキモイ笑い声を発しながら、推しの配信を見たり、ぼさぼさの頭でPCの作業している自分の顔を凝視するのが嫌なら、反射防止の保護フィルムを貼ることをおすすめします。

自分も買いました。(何を買ったかは後述)

バッテリーの持ちが微妙

公証では最大 10.5 時間らしいですが、正直そこまで持つ感じはないです。

がりがり絵を描いたり、テキスト打ったりで6時間くらいかなという感じです。これでも十分いいけど。もうちょっと持てば神機だったと思うので残念。

ちなみに非推奨ですが、USBtypeCポートを使って、モバイルバッテリーなどでの充電も可能です。自分もMinibook用に買っていたPD対応モバイルバッテリーで充電できました。

非推奨なので、真似して壊れても責任は持てませんが。

 

保護フィルムと収納ケースはこれを買った。

保護フィルム

とりあえず絵を描くのがメインなので、あまり液晶の色味が変わらない物で、かつ反射防止機能のフィルムを探しました。

液晶フィルムを貼ったもの

液晶フィルムを貼った状態です。開封の儀の写真と比べて映り込みがマイルドになりました。

あとこのフィルムは台紙が3つに分かれているタイプです。まず真ん中の台紙をはがして中心に貼り、上手くいったら左右をはがして貼ることができるので、ズレにくいです。

 

ケース

ケースは、基本リュックに入れて持ち運ぶので、surfaceの薄さが犠牲にならない程度のスリムなケースを探しました。これのグレーを買いました。

ケースこの通り、ペンをサイドに付けたまま収納可能です。

ケースその2

本体もはみ出ず、ぴったり入ります。

ケースその3

上のフタはマグネットで閉まります。ちょっと形がガサゴソしてますがいい感じ。

 

まとめ

来年Surface Pro 8が出るという話ですが、今結構頻繁にやっているセールでPro7を狙うのは全然アリだと思います。

クリスタでお絵かきする、エクセル、ワード、写真などの編集は問題なくできます。サクサクです。

非常に満足な買い物でした。

あと何かをするためにPCを買うときは、そこそこ高いやつを買うべきです背水の陣効果で、これの元を取らな、とモチベーションアップにつながります。

-ガジェット

© 2021 Dnd:reboot Powered by AFFINGER5