映画

【映画】スター・トレックVIII ファースト・コンタクト レビュー

地球

スタートレック劇場版8作目、スタートレック ファーストコンタクトです。

今回は強敵ボーグが登場します、さらにTOSでもありましたが、タイムトリップものです。時代はワープ航法が初めて実用化される2063年。

ボーグの習性を逆手に取ったピカードの戦略が面白いです。

あとワープを実用化したコクレーン博士のキャラもイカしてます。

カークとスポックのように、ピカードとピデータの友情も熱いですよ。

(Kangalさんによる写真ACからの写真)

スタートレック ファーストコンタクト あらすじ

ボーグの宇宙船ボーグキューブが地球に接近。全面的なボーグとの戦いを前に、惑星連邦はエンタープライズを迎撃作戦に加えなかった。

エンタープライズの艦長ピカードは、過去にボーグに捉えられ、改造された事がある。惑星連邦はピカードとボーグが接近し、何かしらの悪影響が起きないかを懸念していた。

だが、ボーグに押され気味の地球の現状を知り、エンタープライズは命令を無視して地球に向かう。

助けに来たピカードの指示で、なんとかボーグキューブを破壊するが、小型船のボーグスフィアが脱出、船はタイムワープして消えた。

消えた瞬間、歴史が変わり、地球はほぼ全てボーグと同化してしまった。タイムワープの余波がまだ残っているホールにエンタープライズもすぐ飛び込み、ボーグを追う。

到着した時代は西暦2063年、この年、人類は初めてワープ航法の技術を開発し、自ら開発した宇宙船でワープバリアを突破した。

また、これをきっかけに、バルカン人が地球人に興味を持ち、バルカンと地球とのファーストコンタクトが起きる、のちの惑星連邦につながる重要な年でもあった。

ボーグはワープ航法を開発した、ゼフラム・コクレーン博士の実験を妨害し、人類とバルカン人とのファーストコンタクトを阻止しようとしていた。

ピカード達が到着した時には、コクレーン博士が開発している宇宙船発射基地攻撃され、博士行方不明だった。

さらに、地球軌道上で待機しているエンタープライズにボーグが侵入、船の一部を占拠してしまう。ボーグはエンタープライズと同化し、何かをしようとしていた。

はたして、ピカード達はボーグを倒し、無事バルカン人とのファーストコンタクト成功させることができるのか?

 

ファーストコンタクト 感想

やはりボーグの設定が際立った映画でした。ピカードがボーグの行動パターンを読んで部下に指示するあたりが、ちょっと戦略ゲームみたいで面白かったです。

ボーグという特殊な敵

ボーグの設定がいいです。ハチとかアリに近い社会システムです。一番上にボーグクイーンがいて、それ以外の手下たち(ドローン)はすべて同一で、個という概念は基本的にはありません。(例外アリ)

劇中でボーグに捕まったクルー達は、ナノマシンを埋め込まれ、さらに機械化の改造手術を受け、ドローン化する。その時点で意識は共有化され、個や自我といった感覚は消失してしまう。

彼らの侵略の目的は、高度な技術や文化と同化し、より完全な生命体を目指すことです。なのでボーグからすると、我々と同化してより高い次元の生命体になれるのですよ?何がご不満?という感覚なのかもしれません。

おもしろかったのが、ボーグたちに危害を加えたり、その行動を邪魔したりしなければ、ドローン達が目の前にいても、彼らから攻撃してくることはない。

あとフェイザー銃などの攻撃もすぐ対応され、数発で効かなくなる

ピカードはボーグのそういった習性を熟知していて、それに対応した戦略を立てます。

ゼフラム・コクレーン博士

コクレーン博士は人類で初めてワープ航法を実用化し、後の宇宙時代を作った、未来の教科書では歴史的偉人とされています。

ですが実際のコクレーン博士は酒と女、好きな音楽はロックと、なかなか破天荒な人物です。ワープ技術も金が欲しくて作ったと言ってます。

未来のお上品なスタートレックの世界が、一人のファンキーな爺さんからスタートしているという、このギャップが面白かったです。

エンタープライズのメンバーからすると、歴史の教科書に載っている人物です。約300年前の偉人です。コクレーン博士は、自分が偉人扱いされることに窮屈さを感じ、宇宙船開発を途中で逃げ出したりします。

ピカードとデータの友情

二人の会話が絶妙です。カークとスポックのやり取りを、さらに洗練させたような面白みがあります。また彼らの友情も熱いです。

データは途中でボーグに捕まってしまいますが、ピカードは見捨てることなく、助けに向かいます。

データはアンドロイドだけど、ピカードの中では優秀なクルーであり、友人でもある。そんな関係が垣間見えます。

ホーク中尉なんかみたことある

エンタープライズ乗組員の、ホーク中尉、なんか見たことあるなと思ったら、バンドオブブラザーズコンプトン中尉の人でした。途中で心が折れてしまう、あの方です。

 

まとめ

同化し、増殖していくボーグと戦い、バルカン人とのファーストコンタクトを成功させるお話でした。

コクレーン博士のキャラクターもファンキーでよかったです。

個人的にはアニメ「カウボーイビバップ第19話 ワイルド・ホーセス」スペースシャトルを修理して宇宙行く話と雰囲気が似てました。

突貫工事で作ったワープ航法の宇宙船もいい感じで、

「なんか計器のランプが点かないけど、まあなんとかなるか」

みたいなノリです。このワイルドな宇宙実験が、のちの上品なスタートレックの世界に発展するのは、面白いですね。

ということで、次は 「叛乱(はんらん)」です。


-映画

© 2021 Dnd:reboot Powered by AFFINGER5